「松本畜産」の特産松阪牛をちょっと贅沢お取り寄せ

世界に名立たる特産松阪牛を餌にこだわり、肥育方法にこだわり、丹精込めて育てます。

牛舎を見回り、餌をやりながら一頭一頭優しく声をかけ、頭を撫でていく。牛たちも、潤んだ瞳で近寄ってきて、いかにも嬉しそうに、まるで甘えているかのように見えます。それは「畜産業」という言葉からイメージするシーンとは違って、まるで家族を慈しむような様子でした。「この仕事をしていて、キツいと思ったことなんてまったくないですね。楽しいしかない。とにかく昔から、牛を飼うことも育てることも、見ることも触れることも、全部好きなんですよ」
笑顔でそう話してくれたのは、松本畜産の松本一則さん。奥様のしのぶさんと息子さん、娘さん、
手伝いのパートさんたちで、牧場に加えて近所にある「カフェまつもと」を切り盛りしています。
松本畜産で育てるのは、日本が世界に誇るブランド和牛、松阪牛の中でもわずか4%に満たない「特産松阪牛」。但馬地方で仔牛を購入し、一頭一頭毎日つぶさに観察し、丁寧にシャンプーし、ブラッシングし、愛情を込めて千日以上の長期肥育を行っています。地元の稲作農家と連携し、主食として与える餌はコシヒカリの稲わら。さらにエゴマの搾りかすや、胃の中を調整する効果があるとされる醤油かすなどを配合し、「脂まで美味しい!」と絶賛される独特の旨みを引き出しています。「ふつうの牛肉だと、脂が溶け出す温度が25度くらいなんですが、うちのは17度でもう溶け始めます。これこそ長期肥育の賜物で、脂が口にまとわりつかないから、『脂こいのは苦手』という人でもペロリと平らげてしまって『もう1枚!』なんていうておかわりされますね」

正真正銘の特産松阪牛
まで美味しい。
ぜひご賞味ください!

愛情込めて育てた特産松阪牛を、
毎日の食卓にお届けします。

めりぃさん編集部の食レポ

日本三大和牛のひとつである「松阪牛」。その中でも4%以下に満たない「特産」。お肉の濃い旨味と、脂の豊かな甘みがたまらない! サシがしっかり入っているのに脂っこくなく、2枚、3枚...と夢中で食べてしまいました! 「グツグツ」と煮込むごとに脂が適度に溶け込むすき焼きは絶品! 卵に絡めても相性抜群だし、お肉の味を堪能するならそのまま食べても美味しい。お好みで牛脂も美味しく食べられます。「特産松阪牛」体験、ぜひ、一度味わってもらいたいメェ〜。
「松本畜産」さん、ご馳走様でした!

  • 「特産松阪牛」500g ¥6,480(税込)

    松阪牛の中でも、さらにわずか4%にも満たない「特産松阪牛」を500gの満足ボリュームで産地直送します! 千日以上の長期肥育によって引き出した旨味をお楽しみください。

  • 「特産松阪牛ビーフオイル」
    1本(90ml)¥1,620(税込)

    特産松阪牛から低温で時間をかけて抽出したオイルを瓶詰めにしました。火を通すことで、旨味あふれる香りが広がります。

  • 「特産松阪牛しぐれ煮」
    1袋(80g)¥1,080(税込)

    特産松阪牛をたまり醤油と生姜で丁寧に炊きました。おにぎりの具に、サラダのトッピングにと幅広い料理をごちそうに変えます。

この産直品の生産者

三重県 多気郡多気町平谷松本畜産

代々100年にわたって昔ながらの飼育方法を引き続きながら、今や希少価値となった本物の特産松阪牛を育てています。三重県多気町は、何度も日本一と称されたきれいな水と温暖な気候に恵まれた地。牛を育てるには最高の環境なんです。
私たちは家族と3人のパートさんで、特産松阪牛の飼育、精肉・加工品の販売、そして育てた松阪牛を気軽に味わっていただく『Matsumoto Cafe』 の運営を行っています。