北海道 石狩郡当別町弥生

Farm Agricola

Agricolaは私と私の妻の2人が中心となって始めた法人です。私たち夫婦は精神科の看護師として病院に勤務していました。そこで見たものは、医師を中心とした薬物治療に頼らざるを得ない精神医療でした。薬物治療では、精神病は治せないというのはわかっていつつもそれに頼らざるを得ないのが現状です。薬物治療の結果、人格は失われ、生きるということに目標を持てない患者さんたちを何人も目の当たりにして来ました。
 そこで、私たち夫婦は働くことを通じて生きる目標を持ち、主体性を持って自立していけるという当たり前のことを精神病を抱えながらも実現できることをお手伝いできないかと考えました。農福連携という言葉をまだ知らないながらも自宅近くの荒れ果てた農地を見たとき、農業でそれが実現することが可能なのではないかと思ったのです。それから、近隣の農家さんを初め、多くの方々の協力のもと、2年ほどの準備期間を経て農地を借り、養鶏を始めることができました。

わたしたちの紹介

Agricolaの農業

当初は200羽から始めた養鶏も現在では3000羽を飼養しており、障害者雇用も14人を数えるまでになりました。
取引先もミシュラン三ツ星レストランをはじめ、外資系の高級ホテルでも扱っていただく機会に恵まれ、利用者のみなさんの大きな励みとなっています。
農業は古くから近隣の人たちや家族が協力しあって発展させて来たものだと思っています。
つまりそれは、人同士が繋がり、手と手を取り合って発展させて来たものと言えるでしょう。
中には障害を抱えた人もいたかも知れません。
その昔は何かの能力が足りないからと言って、その人を蔑ろにすることはなかったのではないでしょうか。コミュニティの立派な一員として能力を見出されて、仕事を任されていたのではないかと思うのです。
Agricolaの役割は一人ひとりの能力を見出し、主体性を持った1人の自立した人として働くということを支えることでありたい。
これを継続することが、Agricolaの農業としての形だと考えています。

鶏たちが健康であること

健康な鶏からは安全な卵が産まれてくるという原点を追究しました。
100%遺伝子組み換えではない国産の飼料を自分たちの手で丁寧に自家配合した餌を食べています。
国産の卵のほとんどは輸入飼料に頼らざるを得ません。その方が、効率的で安いからです。

しかし、Agricolaでは健康な鶏を育てるべく、遺伝子組み換えの作物の作付けが禁止されている国産にこだわり、輸送のためにCO2を撒き散らさないために輸入飼料は一切使っていません。

ストレスが少ない飼い方

平飼いは走り回れる環境で、オーガニックエッグは外に出られて放し飼いができる環境で育てています。
狭いケージの中で過ごす鶏たちは全体の95%を占めていると言われており、カルフォルニア州をはじめ世界各国ではケージが禁止されている国が増えてきています。
日本でもアニマルウェルフェアの観点から平飼いの割合が増えてはいますが、その数はわずか5%程度しかありません。
ちなみに、アニマルウェルフェアとは以下のようなことです。

1、飢えと渇きからの自由
2、肉体的苦痛と不快からの自由
3、外傷や疾病からの自由
4、恐怖や不安からの自由
5、正常な行動を表現する自由
少しづつ、平飼い卵が増えて鶏さんたちが幸せになってくれるいいですね。

SDGsへの取り組み

Agricolaでは持続可能な社会の実現のための取り組みを行っています。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。時々エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。もちろん、日本も批准してますよ。

Agricolaの取り組みは以下の通りです。
1.貧困をなくそう
3.すべての人に健康と福祉を
8.働きがいも経済成長も
以上のことは障害者就労を通して行っていることです。

Agricolaで作られた卵や野菜の収益はすべて、障害を抱えながらもAgricolaで働く方々の給料になります。

とても良い形でのお金の循環ができていると思っています。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ