埼玉県 児玉郡神川町元阿保

カネザワフルーツリゾート

埼玉県にある神川町は、昔から美味しい梨の産地として知られています。しかし後継者がいなことから梨園が激減。果物づくりに適した土地なのに、このままでは地域の特産物がなくなってしまうことに危機感を抱いた私は一念発起して梨園を借り受け、梨づくりを始めました。
現在は梨に加え、国産のバナナやブルーベリー、オリーブも栽培しています。完全無農薬の国産バナナはSNSや口コミで広がり、リピーターさんも増えています。

わたしたちの紹介

世界で5%しか流通していない貴重な品種

日本を含め、世界に流通しているバナナの約95%はキャベンディッシュという種なのですが、カネザワフルーツリゾートで栽培しているのはグロスミシェルという種。コクや風味が強く、ねっとりしていて本当に美味しいバナナです。この種は一時期バナナ特有の伝染病でほぼ絶滅したのですが、ある地域で奇跡的に残っていてそこから大切に受け継がれてきたものなんです。
私たちは日照時間が長く温かいこの土地のメリットを活かしながら、大きなビニールハウス内のバナナ園でていねいにこの貴重なバナナを育てています。冬場はボイラーでハウス内を温めてつくるので、年間を通して美味しいバナナが提供できます。

完全無農薬で、皮まで食べられるバナナです

カネザワフルーツリゾートの『神川バナナ』は、国産・完全無農薬で化学肥料も使用してない大変貴重なバナナです。ミネラルやEM菌を使用して育てているので皮も食べられます。スーパーで売られているバナナは輸入物なので運ぶ際に虫や菌がつかないように燻製されており、皮は食べられません。というよりも普通はバナナの皮を食べるなんて考えませんよね。でも実は、バナナの皮には栄養がたくさん含まれているんです。
『神川バナナ』は1本1000円ほどしますが、一度召し上がっていただくと値段以上の価値を感じていただけると思います。バナナアレルギーがある方からも、「神川バナナなら食べられる」という嬉しいご感想も頂戴しています。

神川バナナの美味しい食べ方

まだバナナが若いうちは野菜っぽい感じなので、少し待って茶色い点々(シュガースポット)が出てきた頃が食べごろです。皮はむいてもいいですが、せっかく皮も食べられるバナナなので、ぜひ輪切りにして皮ごとひとつずつ召し上がってみてください。皮には少し苦みがありますが、美味しいですよ。スムージーも皮ごと入れてつくってくださいね。
熟しすぎたらジャムもおすすめです。バナナとハチミツとレモン汁少々にコップ半分ぐらいの水を入れて15分ほど煮詰めるだけで風味豊かなバナナジャムが出来上がります。あとは粗熱をとって瓶に入れて冷蔵庫で保存。パンはもちろんヨーグルトに入れるなどして、私も毎日食べています。

心の豊かさを生み出す「リゾート」に

カネザワフルーツリゾートのコンセプトは、「豊かな暮らしの提供」です。豊かというのは経済的な豊かさではなく、家族との時間であったり、いろいろなものに触れあって共感したりという感性の豊かさ。単なる農園ではなく「リゾート」という名がついているように、果物、自然、動物にも触れあいながら、たくさんの世代の方々が楽しんでいただける場を提供したいと思っています。
生産物に関しては、外食やジャンクフードにありがちの「強い味」に慣れきってしまうのではなく、本当に安全で本来の素材の味がするものを食することで、少しでも感情や感性を豊かにしていただけたら、それほど嬉しいことはないですね。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ