和歌山県 和歌山市吉礼

あゆ吉

自然豊かな紀州の天然伏流水を汲み上げ、より自然に近い環境で、安心安全の紀州仕立て鮎を育てています。紀州仕立て鮎の育成用飼料には、100%国産の魚粉を使用し、和歌山ならではの「梅」エキスを添加するなど、より安心で美味しくご利用いただけるよう日々精進しております。
また、当社の鮎は和歌山の名産品「プレミア和歌山」にも認定されており、豊洲を中心に全国の市場へ出荷され、料亭や割烹などの食材や、全国の魚屋さんに流通しています。ぜひ一度ご賞味ください。

わたしたちの紹介

今までに食べた事がない、骨まで美味い塩焼き

鮎を育てる環境で、一番大事なのは水。当社では、天然の伏流水をふんだんに汲み上げ、より自然に近い環境を飼育池で整え、よく食べてよく運動する肉質の良い鮎を育てています。また、紀州地域秘伝の育て方により、焼き上がりも天然に近い黄金(こがね)色になるよう育てています。
当社の定番商品である「鮎うまみ焼き ほねうま」は、当社独自の製法でじっくりと燻すように焼き上げることで、骨まで旨い!を実現。今までに食べた事がない、未体験の「鮎の塩焼き」をご堪能いただけます。

紀州の「うま味」をまるごと凝縮。絶品一夜干し!

もうひとつ、当社自慢の人気商品が「紀州仕立て 鮎一夜干し 梅仕立て」です。
紀州仕立て鮎を丁寧に開き、紀州南高梅の梅酢に漬け込みました。ほんのり香る梅の風味と鮎本来のうまみが絶妙です。頭から尻尾まで丸ごと食べやすいので、子どもからご年配まで幅広い層に人気があります。簡単に焼けるので、ご家庭ではもちろんBBQでも大活躍の一品です。

正直、どんな食べ方でも美味しい。

鮎の定番といえば塩焼きですが、一夜干しや甘露煮などもおすすめです。また、食べた事のある方は少ないかもしれませんが、鮎のフライや鮎そうめんも大変美味です。特に鮎そうめんは焼いた鮎をそうめんに乗せ、めんつゆをかけるだけ。鮎の出汁が出て旨味いっぱいの上品な一品になります。当社では鮎の美味しい食べ方を日々研究し、皆様にご提供できる商品づくりを目指しています。
「鮎うまみ焼き ほねうま」はレンジで温めるだけ、一夜干しはそのままフライパンやグリルで焼くだけなど“簡単調理”をポイントに、特に忙しい主婦の方に好評をいただいております。

鮎は「笑顔(きち)を呼ぶ鮎(さかな)」です!

私たちあゆ吉は、鮎をわが子のように丁寧に、大切に育て上げ、全国の皆様へお届けすることが使命だと思っています。鮎は、実は大変栄養価の高い魚です。カルシウムやたんぱく質、ビタミン、DHA・EPAといった栄養素がバランスよく含まれています。
また、「鮎」は魚偏に占うと書きます。日本古来の固有魚である鮎は、古くは神武天皇の時代から、戦の吉兆を占った縁起の良い魚という説があり、漢字の由来になったとも言われています。
そんな笑顔(きち)を呼ぶ鮎を、ひとりでも多くの方に食べていただき、健康で笑顔いっぱいの日々を過ごしていただけることを願っています。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ