長野県 長野市赤沼

フルプロ農園

信州・長野のりんごの産地として有名なアップルラインで、りんごの栽培・加工・販売をおこなっています。
100年続くりんごの名産地「赤沼」で栽培する当園のりんごは、その肥沃な土壌で栽培しているため、他の産地よりも【蜜が多くとても甘いこと】が特徴です!

また、当園はより美味しく・安全なりんごを皆さまにお届けするため、最先端の栽培方法「高密植栽培」を採用して農薬を削減にも励んでおります。

◆メディア出演実績:
フジテレビ LiveNew it!/NHK あさイチ/テレビ東京 WBS/毎日新聞/朝日新聞/読売新聞 etc..
皆さまのお陰でメディアにも多数取り上げていただいております!

--------------------------
フルプロ農園について
--------------------------
◆フルプロ農園名の由来は…?
フルプロ農園の徳永です。長野県長野市出身で在住です。農園名の由来は、『フルーツのプロ』、『フルーツをProduct』を由来としています。

◆農家になった経緯
20代前半で農園を引き継いだ当時、地域の農家の現状は非常に厳さに驚きました。生産者の高齢化、市場の低迷で農家はどんどん辞め、耕作放棄地が増大しています。
これらを肌で感じたため、私は「地元の耕作放棄地ゼロにし、地域を活性化する」という夢をかかげました。

◆生産物・地域の紹介
フルプロ農園は、信州のりんごの生産地として知られる「アップルライン」が位置する長野市、および隣接する小布施町、須坂市に畑を持ち、りんご(栽培面積5ha)、桃(30a)、シャインマスカット(10a)のほか、栗(80a)やクルミ(1a)などの栽培・加工・販売をしています。
これらの地域は、日照時間や水はけの良さ、土壌などが、甘くて美味しい果樹や木の実を育んでくれます。
また、当園はヨーロッパ式の最先端のりんごの栽培方法「高密植栽培」を採用し、
早期多収、作業の効率化、薬剤散布量の軽減を実現しています。

◆「葉とらずりんご」の魅力
フルプロ農園は、「葉とらずりんご」に力を入れております。「葉とらずりんご」とは、その名の通り、葉っぱを残した栽培方法です。
葉っぱは、日光をたっぷりと浴びて光合成することで、空気中の炭酸ガスを吸い、養分としてりんごに供給します。
収穫まで葉を残すことによって、糖度が上がり、甘みがぐんと増すのです。
しかし、「葉とらずりんご」は、見た目の問題もあるため、一般的なスーパーには出回りにくく、現状では農園の直販でしか購入できません。

◆人気No.1のシャインマスカット
また、シャインマスカットは、いま日本で最も人気のあるぶどう品種の一つ。農家から採れたてのシャインマスカット、ぜひお試しください!

◆今年から登場!徳川家にも献上された小布施産の栗
葛飾北斎と栗で有名な長野県小布施町。江戸時代には、徳川家にも献上されていた歴史を持ちます。
秋のシーズンには、小布施の栗と栗菓子を求めて全国から多くの方が訪れるほどの人気。あなたが栗好きならぜったいに、とくべつ栗好きでなくても(笑)、ぜひ一度お試しください!

◆長野県は、クルミの生産量日本一!
クルミは、現在9割以上が海外からの輸入。国産のクルミを食べたことがない人も多いのでは?
国産クルミは、安全に生産され、収穫のシーズンには新鮮なクルミが産地からそのまま届きます。新鮮なクルミは味や風味がまったく違う!!ぜひ一度食べてみてください。

◆地域の耕作放棄地をゼロに
我々は、「地域の耕作放棄地をゼロにするために、誰でも安心して農作業ができる"ダイバシティ農業"」を実現したいと考えています。
地域の耕作放棄地を借り入れ、高齢者や女性、農業初心者でも栽培しやすい新しい栽培方法を導入することによって、多様な人材が活躍できる場が創り、地域の活性化に繋げていきたいです!

◆その他アピールポイント
フルプロ農園では、2021年の販売で得た利益の一部を2019年の台風19号で被災した同地域の復興と、今後起こり得る災害支援のために寄付に充てさせていただきます。
地域で育てられた美味しい果物を食べて、復興支援にご参加いただけるとうれしいです!!

わたしたちの紹介

「おいしい!」を追求した“葉とらずりんご”

実は、おいしいりんごをのキーは「葉っぱ」。葉っぱの有無で甘味や蜜に差が出るほど、葉っぱは重要な役割を担っています。しかしながら、果皮に色ムラが出たり見た目が良くないため、葉っぱを取って栽培されることが一般的です。

私たちはスーパーマーケットでは買えない【本物のりんごの美味しさ】を皆さまに味わっていただくため、太陽を浴び栄養たっぷりの葉っぱが作りだす「葉とらずりんご」をお届けいたします。

気候・土壌が味方する、アップルライン

フルプロ農園は、日本有数なりんご産地で知られる「信州・長野アップルライン」で、りんごの栽培・加工・販売を一貫しておこなっています。

100年続くりんごの名産地「赤沼」で栽培する当園のりんごは、その肥沃な土壌で栽培しているため【蜜が多くとても甘いこと】が特徴です。
ここは日照時間が全国トップクラスに長いことでも有名で、フルーツのおいしさを育む「太陽の光」が味方となって、たっぷりの養分を蓄えたおいしくあまーいりんごが出来るのです。

本物のりんごを味わってみてほしい!

スーパーマーケットでは買えない“本物のりんごの美味しさ”を、全国の皆さんにお届けしたいです!

★当園はりんご生産、販売で得た利益の一部を、長野県の耕作放棄地を減らすためのプロジェクト資金に充てられます。

りんごを作る理由と「夢」

りんごの産地として栄えていた長野市赤沼を支えた私の曾祖父の徳永初太郎村長。そこから代々120年経った今、私が農園を受け継ぎました。
しかし、赤沼の実状は非常に厳しく、生産者の高齢化、りんご市場の低迷で農家はどんどん辞めて「耕作放棄地」が増大しています。

『生まれ育ったふるさとを活性化して、地域みんなの笑顔をもっと増やしたい!』

そんな想いで私たちは、「長野市赤沼の耕作放棄地ゼロにし、地域を活性化する」という夢のため、"ダイバシティ農業"を実現したいと考えています。
ダイバシティ農業とは、耕作放棄地を「高密植栽培」に切り替えることで、今までの栽培方法よりも作業性が良く、誰もが安心して働ける農園が実現できます。これによって高齢者の活躍の場も広がり、赤沼地域の活性化に繋がります。

決して簡単ではない、だからこそ私たちは夢を実現するためにも、たくさんのお客様に【本当においしいりんご】をお届けしたいと願っています。

0
¥0
ページトップへ