宮崎県 都城市高城町桜木

ばあちゃん本舗

ばあちゃん本舗は“味の温故知新・宮崎のうまいものを創造する”をテーマに、
宮崎県産食肉を主原料とした安心安全で、おいしく、心躍るユニークな加工食品を提供させていただいています。
霧島連山を望む、宮崎・都城の地で受け継がれてきた、伝承の味。先人の知恵と、地の素材を生かし良いものを目指す、こだわりの心。
おいしさの中にやさしさを。
やさしさの中に感動を。
昔ながらの郷土の味に新しさをプラスした商品を作り続けています。

わたしたちの紹介

ばあちゃん本舗の始まり

社長が幼き日に食べた「鶏砂肝の味噌漬け」という田舎料理。
それは、亡き祖母が作ってくれた鶏の砂肝を味噌に漬けた料理。

「鶏一羽にはどこもすてるところはないの。
身も骨も中もぜんぶ食べられるとよ。手間をかければ余計にうまくなると。」

その時の言葉と味は、強烈な感動とともにずっと記憶に残っており、
その味を再現したい・誰かに伝えたという強い思いがばあちゃん本舗の始まりでした。

手間をかければうまくなる

鶏も豚も使えないところは一切ない。
ばあちゃん本舗では、使いずらく一般的にはあまり流通しない部位を、あえて使い加工品を作っています。
手間はかかるけれども、そおいう部位こそ希少で美味しい。
残りがちな部位を使用することで少しでも生産者のお役に立てればと、
そして、手に取って食べていただくお客様に「簡単調理なのに美味しい」をお届けできるよう商品開発に取り組んでいます。

宮崎ブランド豚「観音池ポーク」を知ってもらいたい

ばあちゃん本舗で多く取り扱っている「観音池ポーク」。
この観音池ポークは、消費者の方に安心して食べてもらえる豚肉を生産したいと、1990年に地域の養豚農家が集まり生まれたブランド豚です。
原料となるエサには安全なものをと研究を重ね、自然由来の炭素飼料「ネッカリッチ」を採用。
豚肉独特の臭みが少なく、やわらかい肉質を作ることを実現しました。
近年では、商品工場から出るパンの耳などを原料にしたエコフィードや、放置竹林の竹を粉砕し乳酸発酵させた「笹サイレージ」も導入。美味しさと安全性、環境面に配慮した生産をしています。
こだわりのブランド豚「観音池ポーク」ぜひ味わっていただきたいです。

味の温故知新

当社のモットーである「味の温故知新」。
宮崎の郷土料理に新しさをプラスして全国へ。
「手間をかけたら美味しくなる」の言葉を忘れず、昔ながらの懐かしい味を大切に、宮崎の隠れた食材や食習慣を全国へ広めていきたいと考えています。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ