熊本県 熊本市西区田崎町

あか牛の三協グループ

《熊本のあか牛》
私たちは、熊本阿蘇の牧場にて自社ブランドのあか牛『甲誠牛』を育てています。

あか牛というのは4大和牛のひとつで、「褐毛和種」という種類の『和牛』です。

現在流通する和牛の95%以上は「黒毛和種」で、脂肪交雑の多さ(サシが多く入っている)が特徴です。
あか牛は適度な脂肪交雑と、牛肉に含まれる旨味成分の多さが特徴です。

阿蘇の冷涼な気候と広大な牧草地があか牛の生育には非常に適しており、熊本では昔からあか牛の飼育が盛んに行われています。

自分たちの手で、自慢の牛を育て、販売することで、安心・安全を適正な価格で提供できると自負しています。

わたしたちの紹介

雄大な阿蘇の自然

《阿蘇の広大な自然の中で育ちます》
あか牛は阿蘇の牧草地で放牧されて育ち、栄養たっぷりの牧草をお腹いっぱい食べてすくすくと大きくなります。

ストレスフリーの大自然の中で、穀物ではなく自然の草木を食むことには、栄養学的にも大きな意義があります。簡単に言うと、緑の草を食べて育った牛には、緑黄色野菜にある栄養素がたくさん凝縮されています。

その後あか牛は牛舎にて出荷までの時間を過ごします。稲わらなどの粗飼料が与えられますが、その時もビール粕を飼料に混ぜ込み、天然の酵母が牛の腸内環境を整え、栄養の吸収を手伝っています。

《エサだけじゃなく「水」》
阿蘇の湧水は、大手飲料会社のミネラルウォーターとして販売されるほどに水質が良いことで有名です。

この水を牛たちに飲ませてあげたいという思いから、私たちは牧場に井戸を掘り、牛たちがいつでも「阿蘇の湧水」を飲めるように環境を整えました。

牛肉の60%〜70%は水分です。
いい水、いい肉。
自然の恩恵をたっぷりと、お肉の品質に生かしています。

赤身を味わう

あか牛の肉はタンパク質、ビタミンB1・B2、鉄分、カルシウム、ミネラルを多く含み、肝機能の改善や血圧降下の作用もあると言われるタウリンの含有量も豊富で、美味しさとヘルシーさを兼ね備えた和牛として知られます。のびのびとストレスのない環境で放牧された健康的なあか牛は、肉質も極上で豊かなうま味と適度な霜降りを楽しむことができます。

甲誠牛の最大の特徴は、赤身のまろやかな旨みに尽きます。脂身(霜降り)の甘みや口どけを楽しむ黒毛和牛とは異なり、赤身の肉の味はごまかしが利きません。
甲誠牛は、あっさりとした味わいのなかにも、肉本来の旨みを濃厚に感じられるあか牛を丁寧に肥育し、霜降りと赤身のベストバランスを追求して誕生しました。肉のくさみが無く、すっと品のよい素直な香りとともに、まろやかな赤身ならではのおいしさをお楽しみください。
旨味と柔らかさ、さらにはヘルシーさを高レベルで兼ね備えた貴重な食材が「あか牛 甲誠牛」です。

自社ブランド牛『甲誠牛』

《自社牧場『甲誠牧場』》
阿蘇地方の数か所に自社牧場『甲誠牧場』を設け、合計で約1,000頭飼育しています。

甲誠牛の肥育には、他のあか牛よりも長い時間と費用がかかります。通常のあか牛の肥育期間が約20~24ヵ月であるのに対して、甲誠牛は28~30ヵ月の年月をかけて大切に育てられます。

飼料も一般的な牧草や藁の他にビール粕を混合したものを与えています。ビール粕に含まれる酵母によって牛の腸内が活性化し、健康的で柔らかい肉質を実現してくれます。
弊社ではその中で一定の基準を満たしたものを、自社ブランド『甲誠牛』として販売しております。

肥育にかかる費用は大きくなりますが、生産から肥育、精肉加工まで一貫して自社施設にて取り扱うことで中間業者を省き、安心安全、新鮮な甲誠牛をお安く提供する努力を続けています。

手間暇かけて育てた希少なあか牛を阿蘇から全国へ

あか牛は和牛全体での頭数の割合は非常に少なく、近年の健康志向による『赤身』ブームで注目されています。

その中で日本有数のあか牛飼育頭数を誇る弊社は、「あか牛のリーディングカンパニー」として安心安全なお肉を全国へお届けできるよう、日々努力し続けます。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ