佐賀県 佐賀市川副町小々森

自然栽培園北村

私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。
農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。
この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。

安心安全(無肥料・無農薬栽培)な食べ物を広げたい。

自然栽培の耕作者が減っています。
それは、無肥料・無農薬栽培農産物が、販売額の少ない状態で経営しているからです。
そこには、現在の農薬漬けの現実を変えたい。
もっと安全な食べ物を作りたいと思って耕作されて来ました。
志高くても、利益が少なく廃業して行く先輩達の姿を見て来ました。
このショップの価格には、自然栽培の未来が掛かっている事をご理解ください。

応援して頂けたら嬉しいです。

わたしたちの紹介

コシヒカリのDNAは進化して行く

1986年美味しい米の品種設定を行い、コシヒカリに決定した。
この種を同じ圃場(無肥料・無農薬栽培)で毎年作付けし、自家採取する事30年以上。
種の肥料と農薬が減り、抜群に旨いコシヒカリに進化している。

「神の力」誕生秘話

2013年に購入者から、こんな話を聞いた。
それは、「作り手の行動や言動で米の味が変わる」ということ。

それから俺に何か足りないもの、間違っているものは何か…
考え、「口が悪い(人の悪口を話す)」そんな行動があった事に気付き、直す事を心掛けた。

すると今までに無い「大粒」で「虫の被害も少ない」しかも「大変美味しい」米が収穫出来た。
俺は今回の事で、作り方だけでは本当に旨い米は出来ない、作り手の心と誠が米に現れると感じた。
本物の旨い米を作りたい。
分かった事は、美味しく旨味がある米は、自然に添った事をすれば良い。
進化したコシヒカリは超旨い。

進化したDNAは研がなくても旨いご飯になった

米ぬかを食用で注文される方が増えた。(甘いらしい)
もしかしたら、研がなくても炊けるかも?と試したところ旨い。
一度試して見てください。

自然農法(無肥料・無農薬栽培)を世界に広げる

私が実行している「自然農法」とは、化学肥料はもちろん、糞尿、生ごみ等の有機肥料も一切使用せず、太陽、水、土の力(自然の力)をフルに発揮させ育てること。
もちろん農薬は使用しない農法を指します。苗作りでも肥料、消毒はしません。
また、自然環境を大切にしたいと願い、水田の中はもちろん、アゼや用排水路の草にも農薬(除草剤)を散布しません。
除草剤は直接作物に影響がないように見えますが、土を汚し、川や地下水に混じって流れ、海を汚し、循環して有害な雨となって環境破壊が進むと考えるからです。

【私の考え】
食べ物は人間の血や肉や骨(体)を作っています。
また忘れてはいけないのが「脳」も作っているという事です。
ご存知のように脳は体を動かし、物事の良し悪しの判断を下す最も重要な役割を担っています。
従って私達は今後も有害な物がたくさん入ったものばかりを食べていけば、脳に支障をきたし、正常な生活が送れなくなるのではないかと私は危惧しています。

無肥料・無農薬栽培の自然農法を、2028年までに世界へ広げ、どこでも手に入る仕組を作ります。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ