新潟県 南魚沼市余川

大平きのこ研究所

天然舞茸の最高峰クロフ舞茸を匠たちが長年の技術と経験から創りました。
「真」(本物)を追求した薫り高い黒舞茸をお届けします。
一般的な茶舞茸や白舞茸と比べ、特に希少価値が高いのが黒舞茸です。黒舞茸は栽培も困難で天然物が珍重される幻とも言われる茸。
大きく厚みのあるカサと、深い味わいが特徴で、普通の舞茸とは比較にならないほどの旨味がつまっています。
舞茸の中でも最高ランクの黒舞茸を、是非ご賞味ください。

わたしたちの紹介

天然舞茸へのこだわり

天然の舞茸はシロフ(白)、トラフ(茶)、クロフ(黒)に分けられます。クロフが最高ランクですが、天然物のクロフ舞茸は希少性も高く、市場価格も高値で取引されております。
大平きのこ研究所では、茸士(きのこし)が独自技術によって天然舞茸に近い厚みのあるカサと、旨みのある黒舞茸「真」を育て上げました。本物のおいしさを追求する心がここにあります。

技術へのこだわり

天然舞茸に近い栽培方法を開発するため、土(培地)作りとなる原料から厳選し、大株となるブロック培地を採用しております。茸の栽培のためには、植菌から熟成、培養など、茸士の技が不可欠です。黒舞茸が生きるか死ぬかの環境を作り出すことで、力強い菌糸に育て上げます。

黒舞茸を世界の食文化に

黒舞茸は健康に良い成分がとても多く含まれております。
美味しく健康にも良いこの日本の黒舞茸を世界に広げることで健康への貢献と日本農業の発展に繋げていきたいと日夜がんばっております。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ