沖縄県 石垣市平得

やえやまファーム

はじまりは、オーガニックを中心とするファームを作りたいという思いでジャングルのような土地を農地にすることからでした。
美しいサンゴ礁の海に囲まれた、南の楽園・石垣島。長い夏と暖かな冬、ミネラルを運ぶ潮風。
そんな恵まれた自然を生かしながら、『崎枝農場』、『幸福牧場』をつくり、理想の循環型農業を完成。
今では、食品加工場も運営。生産から販売まで一貫体制を整え、「第六次産業」化を進めることで、
全国へ“安心で安全な食品”のお届けが可能となりました。

わたしたちの紹介

やえやまファームの循環型農業とは?

有機農法や畜産に必要な堆肥や飼料は、可能な限り自社農場と牧場で作っています。
家畜の糞尿から堆肥を作り、野菜や果物を育て、それをまた家畜の飼料とする。
“ファームの外から何も持ち込まない、何も捨てない”という循環型農業を目指しています。
また、安全を確保するために生産から加工、流通までの過程を明確にする、「トレーサビリティ」の向上にも努めています。

自社農場で作った作物を豚の飼料に

栽培したパイナップルをジュースとして加工する際に、通常廃棄される搾りかすなどの副産物を豚の飼料として利用しています。
ふすまと混ぜて発酵させた飼料を与えることで、腸内の菌を整え肉質がよく、健康な豚が育ちます。

堆肥がよい土壌を作り、農作物を育てる

循環型農業にとって重要なのは堆肥です。
採草地でできた草マルチや、家畜からできた堆肥を利用し、良質な農作物を育てています。
このように、自然の生態系に近い形で畜産と農業をリンクさせ、石垣島の中で完結できる、循環型農業に取り組んでいます。

石垣島の自然と共存する付加価値型新生農業を目指しています。

石垣島の将来をも見据えた地域活性化事業を構築し、また、石垣島の素晴らしい自然を保全・活用する高付加価値型新生農業をめざしています。

高付加価値型新生農業を具現化するため、「農業生産法人・有限会社 やえやまファーム」崎枝農場では、
除草剤や農薬を使わない、赤土の流出させない農業を開始しました。
日本農林規格・有機JAS規格を満たし、認定を受けた農場ではパイナップル、バナナ、島野菜などの生産を行っています。

これからも、自然と共存し、国が推奨するグリーンツーリズムなど、新たな農業のあり方への挑戦を続けながら石垣島の“恵み”と美味しさ、楽しさを皆さんにお届けいたします。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ