広島県 呉市本通

点心 珍来軒

~「地元密着、でも他にはない呉冷麺の味を全国に届けたい」~
60年前の呉市は戦後造船産業が栄え活気のある町でした。当時、呉の屋台で産声を上げた当店が60年間守り続けてきた味は、

「点心」〜 一点一点 心を込めて創る

造船業の溶接職人、魚師、海兵隊等様々な方に愛され続けてきた味には常に「点心」がありました。

1995年より誕生した「呉冷麺」は“冬でも冷たい麺を食べたい!”というお客様の声に応え人気メニューとなりました。
具を少なく麺の量を多くし、スープは飲み残しがないように麺全体にかかる程度の量に抑えた冷麺のスタイルが、
いつしか庶民の味として親しまれるようになりました。

今後も「呉冷麺」をはじめ、呉の文化を全国へ広めていきたいと思います。
どうぞ、これからも呉の味「呉冷麺」をよろしくお願いいたします。

わたしたちの紹介

創業60年 珍来軒は「呉冷麺」発祥の店です。

珍来軒は、戦後現在の店の場所から程近い呉市中通付近で屋台からスタ-トしました。
当時の看板メニューは「ワンタン麺」でしたが、当時先代が考えたのは「タレによく馴染む特注のコシのある平打ち麺」、「冷麺に中華そばの麺を使えば、冷麺でなく冷やし中華になる」という発想から、甘みとピリッとした辛さが広がる酸味を抑えたスープの「呉冷麺」を作り上げました。

珍来軒独自の「半生空心製法」

乾燥麺でもない。生麺でもない。
ご自宅で簡単な調理を加えるだけで、お店の風味を再現できるよう珍来軒独自の「半生真空製法」でお届けいたします。
よくスープと絡むようモチモチした食感ですが、のど越しの良い麺となっています。
まずは、そのままで麺の食感をお楽しみいただき、後に酢に唐辛子を漬けたオリジナル調味料
「酢からし」で味の変化をお楽しみ下さい。

ご自宅で簡単!「呉冷麺」の美味しい食べ方

ゆで上がった麺は、冷たい水でよく洗い、よく麺をギュッと絞るのがポイントです!
お皿に盛り、お好みできゅうり、焼き豚、ゆで卵、海老、トマトなどを盛り付けて、スープをかけてできあがり!
麺とスープをよく混ぜて、何口か冷麺の味を味わいます。
お好みにより「酢辛子」をかけます。(「酢辛子」をかけ過ぎると辛くなります。)
「酢辛子」とは、酢に唐辛子を漬けたオリジナル調味料です。
「酢辛子」を入れることにより、サッパリとお召し上がりいただけます。
辛いものが苦手な方は、お好みで黒酢もお試しください。(黒酢をかけると甘くまろやかになります。)

「お取り寄せといえど、珍来軒を愛するお客様一人一人に変わらぬ味を」

広島県呉市にある当店が、昔からご愛顧頂いた地元の味「呉冷麺」を全国の皆様に知って頂きたい!という想いで、ネット通販を始めました。
ご家庭でも当店自慢の冷麺を同じ味でお届けしたく、同封されているスープも手作業で1つ1つ容器に入れています。機械で入れることもできますが、味にスープのムラが出てしまうので、手作業で行っています。
是非、当店自慢の呉冷麺をお試しください!

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ