神奈川県 藤沢市打戻

みやじ豚

もともと父が育てていた美味しいのにどう流通して誰が食べているかわからなかった豚を、生産からお客様に届けるまで一貫してプロデュースするために、2006年(株)みやじ豚を設立。
『一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に。』をスローガンに、最高に美味しい豚をお届けしています。

宮治家で育てている豚だから『みやじ豚』。
”シングルオリジンポーク”として唯一無二のブランド豚を、月間わずか100頭ちょっとだけを生産出荷。こちらから営業をしないので、評判を聞いたプロの料理人や銀座の松屋百貨店に納めてきました。

生産者の顔が見えて、美味しければしっかり評価されると信じてやってきました。
豚肉好きの方にぜひ食べて頂きたいです。


おすすめ商品はこちら ▶︎

わたしたちの紹介

オンリーワンのブランド、「湘南みやじ豚」だけをお届けします

大学生の頃、友人たちと、父が育てた豚でBBQをしたんです。そうしたら「こんな美味い豚は初めて食べた」「どこで買えるの?」と皆が絶賛してくれて、初めてうちの豚の美味しさを実感しました。

でもこんなに評価される豚でも、出荷されると他の肉と混ざって売られてしまう。だからこそ、宮治家だけで育てている希少価値の高い豚だけを、直接お客様に届けたいと思うようになりました。とはいえ直売場を作るほど頭数がいないので、無店舗で直接お客様にお届けするスタイルで販売しています。

みやじ豚の本当のファンの方々にお分けして、味わっていただく。生産者から直接お届けするからこそ、正真正銘の希少なみやじ豚だけをご堪能いただけます。

数値にも裏打ちされた最高の豚肉

とうもろこしを混ぜず、麦・芋・米をブレンドした飼料を与え、ストレスフリーな環境で大切に育てています。
こうして手塩にかけて育てた豚の肉は、脂が真っ白で肉の色はピンク。見た目からまず違うんです。そして肝心の味や食感はやわらかくてジューシー。

みやじ豚を成分分析にかけると、うまみ成分である遊離グルタミン酸や、身体によいオレイン酸、うまみが凝縮されたドリップが、国産ブランド豚肉よりもずっと多く含まれていることがわかりました。

ある研究所では、ブランド豚を旨味成分の含有量によってABCランクに分けていましたが、以前みやじ豚を調べてもらったら、トップのAより2ランク上という結果が出てしまいました。トリプルAかダブルSランクということです。
つまり非の打ちどころがないほど美味しい豚肉なんです。

みやじ豚の美味しい食べ方

ロースなら定番のとんかつが最高です。みやじ豚の甘みがこれほどわかりやすく楽しめる料理はありません。料理される方は、ぜひご自宅で揚げて頂きです。

シンプルに焼いていただくBBQや生姜焼きもおすすめです。
生姜焼きにする場合は、あえて薄いバラ肉を使い、すりおろした生姜をたっぷり加え、味付けは醤油とお酒でシンプルに。
みやじ豚のバラ肉はもともとの甘さがしっかりしているので、肉そのものの甘さと生姜の辛みがマッチして本当に美味しいんです。

「豚肉の美味しさは脂の甘み」とよく言いますが、みやじ豚は赤身の旨味がしっかりしているので、脂身とのバランスがとても良いです。赤身がしっかり美味しいから脂身の旨さもバランスよく感じられ、たくさん食べてもしつこくないので、もたれない。また豚肉はビタミンB群をすべて持つ非常に栄養価の高い食材。健康のためにも食べて頂きたいです。

みやじ豚を100年後にも残るブランドに

宮治家から生まれた「湘南みやじ豚」というブランドを100年後も残すことが今の目標です。

それから美味しい畜産物・農産物をつくることにおいては世界一の技術を持つ日本独自のお家芸を承継していく活動にも取り組んでいきたいと思っています。

だからこそ将来を担う子どもたちに、小さい頃から本当に美味しくて安全な国産の農産品を食べてもらいたい。
顔が見える日本の生産者がつくった「ホンモノ」を食べ、食べることの楽しさや大切さを実感することは食育にもつながります。

食べることや農業を知ることがきっかけとなり、「日本のものづくりってすごいな、かっこいいな」と思ってもらえるになればと思っています。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ