北海道 夕張郡長沼町西11線南

あいすの家

弊社の創業は平成6年です。
それまで搾乳器やバルククーラー(生乳冷却機)など酪農関連機器の販売を手がけていた山口真巧(現会長)が、「良質な生乳が手に入り、札幌にも近い」この長沼町で、アイスショップ「あいすの家」をオープンしたことが始まりです。
絞りたての生乳を使った美味しくてヘルシーなソフトクリームは、発売と同時に人気が沸騰。
メディアにとりあげていただくチャンスにも恵まれ、大ヒットとなりました。
けれどもアイスだけでは、冬場どうしてもショップを訪れてくれるお客様が減ってしまいます。
そこでまず中華まんじゅうを作って売り出し、続けてシュークリーム、ケーキ、焼き菓子などのスイーツを販売、更にチーズ、ハム、ベーコンと商品ラインアップを拡大しました。
お歳暮やクリスマス、お正月、バレンタインなどの贈答品に、あいすの家の商品を幅広くお使いいただくなど、年間を通じて多くのお客様に、ご愛顧をいただいております。

わたしたちの紹介

大切にしていること

長沼近郊の牧場で、その日絞った新鮮な「生乳」を、その日の内に自社工場で加工しています。

加工済「牛乳」を仕入るのとは違い、原料の状態からアイスやソフトリクームなど各製品に適した温度管理・加工ができるのが特徴です。

「添加物を出来るだけで使わず、身体に優しく、美味しいものを作る」という信念の元に、北海道の大地が育んだ良質な素材を活かす製法を大切にしています。

新鮮な生乳で創る他には無いチーズ

長沼あいすのチーズは新しい食感と食べ方は特徴です。
日本人向けのクセのない味で、大人から子供まで食べやすいチーズです。

乳製品はすべて、近郊の農場で採れる新鮮な生乳を自社工場で加工するので、美味しいチーズを食べ慣れた北海道民にはもちろん、日本全国の催事でも御好評頂いています。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ