奈良県 吉野郡大淀町

亀久堂(かめくどう)

創業50余年、葛の中でも特に高級品として広く知られている吉野葛を、葛発祥の地とされる大和・吉野で職人が伝統製法を守り作り続けています。

「亀久堂(かめくどう)」では寒晒(かんざらし)吉野葛を使用したギフトを多数取り揃えており、御中元や、御歳暮、御祝、御供をはじめ、企業様の接待用の手土産などにもご利用いただいています。
国産原料で作る吉野葛のこだわりのくず餅をこころを込めて贈ります。

わたしたちの紹介

古より息づく伝統

はるか昔より親しまれてきた白く美しい吉野葛は、山野に自生するくずはふじの澱粉を採取し、職人の手作業によって丹念に精製され、極寒の冬に約3か月乾燥させて作ります。

古くから、葛根湯(かっこんとう)としても使われ、自然の生薬としても知られる葛とこれからも向き合い、伝統を受け継ぐ葛屋として皆様によろこんでいただける商品をお届けしてまいります。

贈り物として 最大限の心配り

吉野本葛・吉野葛は昔からお料理や和菓子にも利用されており、中でもくず餅は幅広い年代の方にお買い上げいただいております。

贈り物としてパッケージにもこだわりました。
特にくず餅などは包み込むような小箱、それらを詰め合わせるお重箱、重箱に合わせた紙袋。
熨斗対応はもちろん、法事等のお悔み用の包装対応など用途に合わせてご利用いただけます。
大切な方への贈り物に、亀久堂の吉野葛ギフトはいかがですか。

冷やして

水菓子は冷蔵庫でよく冷やしてお召し上がりください。

吉野葛は夏だけでなく、冬のギフトにも最適。
中でもくず湯は、冷たいものを食することが多くなる夏に「温活」として胃腸にやさしく、身体をあたためるものとしてもおすすめしています。
食欲が無い時や受験勉強のお夜食にも。
またくず湯は冷やして固めると涼菓としてもお召し上がりいただけます。

素朴だけれど優しい味わいをお楽しみください。

“吉野”の歴史が紡ぐ 風土菓

葛(クズ)の名の由来となった大和の国吉野は、世界遺産に登録された吉野山をはじめ、古くより林業が盛んで、今でも吉野川、高見川流域の吉野、川上村、黒滝村等で優れたヒノキやスギなどの木材が育てられています。
厳しくも豊かな自然風土の中で職人によって作られる伝統の吉野葛は今も多くの方に愛される素朴ながら味わいのある食品です。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ