大分県 臼杵市野津町吉田

王将椎茸

乾しいたけの主産地である大分県の臼杵市に1974年に乾椎茸工場を設立。
私たちのビジョンである「安全・安心な食品を食卓へ」をめざし、お客様の健康と美味しさを追求することにより、従業員の繁栄を図り、地域社会に貢献します。
また、乾椎茸の美味しさをより多くの消費者に知って頂けるような製品を作りを行って参りますので、ご賞味頂ければ幸いです。

わたしたちの紹介

大分県のブランド椎茸『うまみだけ』

乾しいたけには様々な特徴をもった品種があり、コーヒーやお米、イチゴのように品種毎に風味や食感が違います。
しかしながら、今までの乾しいたけ製品は、どんこ、こうしん等の規格やサイズで分けられた為、色々な品種が混ざった商品が一つ袋で販売されてきました。
その結果、購入する毎に乾しいたけの風味が違ったり、水戻り時間が異なる為、食感や味にバラツキが出ることがありました。
全国の乾しいたけ生産量第一位を誇る大分県では、約20品種が栽培されていますが、これらの品種が消費者に知られることは殆どありませんでした。
この乾しいたけの品種による美味しさの違いを消費者の皆様に知って頂きたいとの思いで、大分県の新ブランド商品『うまみだけ』は誕生致しました。
王将椎茸はこの取り組みに、賛同しより多くの消費者様へ『うまみだけ』を知って頂けるようにご案内いたします。

乾椎茸のうま味がたっぷり入った『塩ふき椎茸』

塩ふき椎茸は、乾椎茸を使用しカツオと鯖の旨みを加え独自製法にて炊き上げた後、低温乾燥する事で柔らかな食感に仕上げています。
塩分は100g当たり『13.7g』と、塩こんぶの塩分『18.0g』(日本食品標準成分表2015年版)と比べると低い値ですが、うま味成分の【三要素】乾椎茸のグアニル酸とグルタミン酸、カツオと鯖のイノシン酸の相乗効果により深みのある味わいとなっています。

『塩ふき椎茸』使用方法のススメ

先ずは、お米2合をとぎ、水を2合のメモリまで加えてから、塩ふき椎茸40g(1袋)を入れて炊いてください。
調味料要らずで椎茸のうま味がたっぷり入った炊き込みご飯となります。
・・・・あとは

~其の壱~ あったかごはんに乗せて食べるも良し
~其の弐~ お好みの具材と一緒に炊き込むも良し
~其の参~ 調味料替わりにお茶漬けや漬物、スープに入れるも良し

是非、乾椎茸の美味しさをお試しください。

私たちの理念

食のライフスタイルは多様化し、食べ方や食シーンも大きく変わっています。私ども食品メーカーに求められてる機能も単なる生産・販売に止まらず、高品質や低価格など重層化しています。
そしてニーズをひとつひとつ解決していくことが私どもに与えられた使命であると認識しています。
美味しく、そしてライフスタイルや消費者ニーズに適合した商品開発を心掛けてまいります。
今後もより一層の生産性向上と品質管理の徹底を全社一丸となって図ってまいりますので、変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ