福岡県 福岡市早良区

極味や

「極味や」は2001年に現代表、松尾和幸により福岡市早良区西新の住宅街に小さな焼肉店として創業しました。
現在では焼肉店のみならず、ハンバーグ、もつ鍋といった様々な業態で、福岡、大阪、東京に店舗を展開しています。
「美味しいものをお手ごろな価格で」提供することを使命と考えており、特に黒毛和牛に関しては伊万里牛を筆頭に厳選された九州産のものを使用しています。
創業期より始まった伊万里に直接買い付けに行く仕入れは、今も毎週欠かさず行っており、そこで目を鍛え、知識を増やし、良質安価の実現のために日々努力しています。

わたしたちの紹介

素材へのこだわり

牛にも1頭1頭個性があります。
同じ環境、同じ餌、同じ育て方でも全く違う牛肉が出来上がります。
私たちのハンバーグは牛肉の旨味を引き立たせるために、つなぎを極限にまで抑えたレシピを採用しております。
よって品質は極端に素材に依存したものになります。例えば、水っぽいお肉とジューシーなお肉があります。
文章だけを見ると一緒のもののように感じられると思いますが、目方(重量)を大きくするために屠畜前に水分をたっぷり与えたお肉と、お肉自体の旨味がたっぷり詰まったお肉です。
牧場直営の精肉工場へ直接買い付けに行くことで、どうすれば美味しいハンバーグが出来るのかを研究し続けています。

部位の個性を知る。

牛肉の部位にもそれぞれ個性があります。
私たちのハンバーグは、牛1頭から5~6㎏ほどしか取れない部位だけを使用しております。
脂の甘味と赤身のジューシーさがハンバーグに最適だからです。
ハンバーグを開発する過程で幾度も全部の部位を使い試行錯誤した結果、部位指定という形になりました。
ミンチ材に使われるスジ肉は一切使用しません。
スジはすべて取り除き、味のみならず、歯ごたえにまで全力を尽くします。

1口1口焼立てを!

お肉は焼立てが一番おいしいという概念の元に、実店舗で提供するときは激レアの状態のハンバーグをペレットという焼き石を一緒に提供して、一口ずつ焼きたての状態で召し上がっていただいております。
お肉は焼けば焼くほど肉汁が逃げていきます。
一番おいしい状態を最後まで召し上がっていただくために、家庭ではホットプレートを使用していただく事を推奨しております。

※通常のハンバーグのように焼いて召し上がることもできます。

極味やの思い

私たちが展開する「極味や」には文字通り味を極め続けるという意味ですが、そのもっと根本には株式会社わっはっはの経営理念「笑顔になれば、笑顔に逢える」が込められています。
私たちのこだわりが商品を通して、お客様に伝わって笑顔になっていただく事が我々の使命です。

スタッフは心からの「笑顔」で美味しいお料理をご提供し、お客様にも「笑顔」になっていただく、その「笑顔」がまた私たちや周りの人たちを「笑顔」にする。

そういった「笑顔」の連鎖を発信していける会社でありたいと思っております。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ