山口県 下関市阿弥陀寺町

㈱道中

創業七十余年の老舗ふく問屋の道中と申します。
弊社道中では、代々受け継がれる職人の目によりふくの王様であるトラフクを全国有数の取扱高を誇る下関南風泊市場にてセリ落としております。

仕入れから製造まで他社の手を通すことなく、自社製造に拘っております。
下関の台所「唐戸市場」の中にも店を設けており、平日は鮮魚仲卸として、多種多様な鮮度の良い魚介類や季節に応じたふくを取り扱っております。

また、新鮮なものを厳選し、お刺身に関しましては冷凍は使わず、生引きにて少しでも新鮮な状態にてお客様にお召し上がりいただけるよう努めております。
職人技を駆使し、美しく美味しいふぐを皆様に味わっていただきたいと願っております。

わたしたちの紹介

下関市南風泊市場の袋競り

山口県下関市の南風泊市場は、ふくの取扱量日本一を誇り、日本唯一のふく専門の市場です。

全国各地の漁業や養殖場からふくが運び込まれ、袋競りと言われる独特な競りの方法で価格が決まっていきます。

この袋競りは黒い筒状の袋の中で、競り人の指を仲買人が何本握るかで価格が決まる、かなり独特な競り方法です。

この袋競りにて、弊社の職人の目により厳選したふくを競り落とし、新鮮なふくを生引きにて皆様のご家庭へとお届けいたしております。

職人の目により厳選されたとらふく

袋競りにて、職人の目により厳選されたとらふくを競り落とし透明感のあるふく刺しやふくちりへと調理いたします。

ちなみに、山口県下関では、ふぐのことを”福”にちなんで演技をかつぐことから”ふく”と呼びます。
また、不具や不遇などの縁起のあまりよろしくない言葉を連想させることを避けるためとも言われております。

職人技術により美しいふく刺しへ!

ふく刺しは職人の腕により、様々な見た目へと変化します。
誰でも簡単にふく刺しを作ることはできると思うかもしれませんが、ふくを一定の薄さで美しくひくことはなかなかに至難の業です。

道中のふく刺しは何十年も技術を磨いた職人技により調理され、見た目は美しく、丁寧な調理にて誰がみても美しいと仰っていただけるかと存じます。

ご注文をいただいた後、出荷日当日にとらふくを生引きにて調理いたしますため、鮮度も抜群で食感もお楽しみいただけます。

下関から美味しいふくを皆様のご家庭へ!

株式会社道中の代表取締役の道中哲也と申します。

ふくの宅配を始めて四十余年ほど経ち、下関の業者の中でも古くから取り組んでおります。
より良い商品をお届けしたいという思いで、職人とともにやってまいりました。

弊社の強みとして、お刺身には冷凍は使わずに新鮮なものを職人の目で厳選し、生引きの冷蔵にてお届けするということに拘っております。

また、技術の高い職人により、ふくのひき方の美しさもご好評をいただいております。

多くのお客様へ美しく美味しい道中の商品をお召し上がりいただけたらと存じます。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ