長野県 飯田市上郷飯沼

菓子処 いと忠

「菓子処 いと忠」は、明治元年に創業した、老舗の和菓子店です。
地元・飯田市で長年愛されてきた「いと忠 巣ごもり」は、餡をホワイトチョコレートでコーティングした和菓子です。
白い卵のような形が特徴的な和スイーツです。
イチゴ・リンゴ・ブルーベリーなどを加えた「フルーツな巣ごもりたち」や、若い女性層に向けた巣ごもりの洋菓子バージョン「oeuf(ウフ)」など、和洋の調和を貫き日夜新商品の開発に励んでいます。
伝統的な和菓子のイメージを変える新しい「和スイーツ」を、ご自宅でお楽しみください。

わたしたちの紹介

『巣ごもり』は和菓子のイメージを思いっきり超えた新しい和スイーツです

信州の代表銘菓『巣ごもり』は、まろやかな黄味餡を高級ホワイトチョコレートでコーティングした新しい形の和風スイーツです。
新鮮な卵黄を使った特製黄味餡はキメの細かさと驚くほどしっとりとした舌触りがし、スッキリとした甘さがします。
コーティングしている高級ホワイトチョコレートは、まるで生クリームのような味わいで、よくある練乳味のチョコとは全くレベルが違います。
黄味餡とホワイトチョコレートの配合は、驚くほどなめらかでまろやかな美味しさを引き出す絶妙なバランスをしています。

昭和35年発売以来半世紀にわたって多くの皆様にご愛顧頂き、第20回全国菓子大博覧会では「名誉金賞」を受賞。
2013年には信州ブランドアワードを受賞するにまで至りました。

和菓子ならではの甘味である餡を、洋菓子が持つ甘味の代表であるホワイトチョコレートでくるんだ和風スイーツは、「和」と「洋」の甘さが織りなす2重の贅沢感を味わえます。
素朴でほっこりする見た目の可愛らしさを「良い意味で裏切る」和菓子です。

『巣ごもり』は種類が豊富!!

いと忠の『巣ごもり』は、迷うほどたくさんの種類があります。
常時販売しているのは、定番のアミアミでつつまれた白い卵形の「いと忠巣ごもり」と、3種類の「定番アレンジ巣ごもり」になります。
定番アレンジは、フルーツバージョンやカスタード、甘さ控えめの3種類になります。

季節ごとに変わる「季節の巣ごもり」をはじめ、毎月変わる「今月の幸せ巣ごもり」や「お祝いものシリーズ」など、あらゆるシチュエーションに応じた巣ごもりをご用意しております。
ぜひ、いろんなアレンジ『巣ごもり』をお試しください。

バレンタイン・ホワイトデーに『ウフ(oeuf)』を

『oeuf(ウフ)』はフランス語で“たまご”のこと。
最高級のホワイトチョコレートで、玉子型の黄味餡をコーティングした、ちょっと贅沢で甘さ控えめのスイーツです。
第27回全国菓子大博覧会にて、「農林水産大臣賞」を受賞し、とても高い評価を頂きました。
『oeuf(ウフ)』にはフルーツバージョンとピュアバージョンの2種類あります。
フルーツバージョンは、「ストロベリー」、「アップル」、「ピーチ」と信州ならではのフルーツが入ったクリーミーな味わいです。
ピュアバージョンは、玉子とホワイトチョコがより濃厚な味わいに仕上げています。
ひとくちサイズのお洒落でかわいい玉子のスイーツを、ぜひ大切な方へのギフトに。

60年以上続く歴史

菓子処いと忠が飯田市に誕生したのは終戦直後の昭和22年。
最初はお菓子を仕入れて売るだけのお店でしたが、先代の横前博之が、当時出たばかりのホワイトチョコレートと黄味餡を掛け合わせたオリジナル銘菓『巣ごもり』を開発しました。

時代は変わり、現店主の横前忠幸が巣ごもりの美味しさを引き継ぎます。
戦後は「甘さ」に飢えていた国民も、次第に甘くなく、素材そのものの美味しさを味わう形のお菓子を求めるようになっていました。
数年にわたる試行錯誤の結果、いまの『いと忠巣ごもり』が誕生したのです。

コロナ禍でまだ続きそうな「巣ごもり生活」。
私たちが作る「巣ごもり」で、全国の皆さんにホッとできるひと時が広がりますように。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ