山形県 鶴岡市小中島字赤沼

米の里直送便

山形県の日本海側に位置する庄内平野でお米を生産しています。
米の里です。
見渡す限り田んぼしかない田舎ですが、昔からお米の栽培が盛んで、おいしいお米が穫れます。
安心安全なお米作りを目標に、毎年、試行錯誤しながらお米を栽培しています。

わたしたちの紹介

お米を生産しております。

米の里ではお米を生産しております。
つや姫、コシヒカリ、はえぬき、ひとめぼれを中心に栽培しております。
4月・・・種まき
5月・・・田植え
6・7・8月・・・ほ場の管理
9月・・・稲刈り
春~秋は毎日、田んぼに出て稲のお世話をしています。

美味しいお米をみなさまへ

米の里のある山形県鶴岡市は庄内平野にあります。
お米の名産地として有名な庄内平野は、北に出羽富士と呼ばれる『鳥海山』、東に月山、羽黒山、湯殿山の霊験あらたかな『出羽三山』に囲まれています。
山から流れてくる清らかな水で栽培しています。
また、ほぼ年中、強風(清川だし)が吹き抜けるので、稲は気持ちよさそうにいつも揺れています。

新米は水少なめがおすすめ!

新米を味わうなら水少なめで炊飯することをおすすめします。
ほかほかご飯には何でも合います!焼き鮭、いくら、たらこ、TKG(たまごかけご飯)、梅干し、魚の塩焼き、お刺身。。。
あげれば、きりがないですね。お好きなおかずと一緒にどうぞ~。
塩おむすびもおいしいですよ!

お米を炊いたことがある方がほとんどだとは思いますが。。。
~炊き方の紹介~
①最初に水でさっとすすぐ
②水分の少ない状態でお米を研ぐ(3~4回)
  ※新米は、力を入れすぎないことがポイント!
③水に浸す(目安 夏:30分  冬:60分)
  ※省略しても可。
④炊く

新米の時期は収穫から3か月間と言われています。
収穫は9月~10月に行われますので、翌年の1月からは普通のお米として扱ってください。
春、夏は収穫から時間が経過しておりますので、研ぎ汁が白く濁らなくなるまで水ですすぐことをおすすめします。

どうが食ってみでの~!

うめ米だがら食ってみでくれぇ。
味さは、自信あるがらってやぁ~。
みんなさ食べでもらいでなや。
一生懸命、育てだ米だがらってどうが食ってみでの~!

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ