新潟県 新潟市秋葉区川口

新潟農商

新潟農商は平成6年に新潟クボタのグループ会社としてスタートして以来、新潟県の農家の皆様、全国のお取引先・お客様に支えられながら、おかげさまで少しずつではありますが歩みを進めて参りました。
私共の役目は新潟県農業を支援しながら「安心安全な美味しい農産物」をご紹介していくことであり、そうした取り組みが食料自給率の向上など、現在農業に課せられた多くの問題解決の一助につながるものと確信しております。
今後も、挑戦する姿勢をモットーに社会に喜ばれ地域に貢献する企業を目指し進んで参りますので変わらぬご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

わたしたちの紹介

自社で集荷・検査・精米して全国へ | 安心・安全の理由は、徹底した品質管理

新潟県内の農家よりお預かりした大切なお米を全国のお客様に”農家の顔が見えるお米”として安心・安全を提供することが私たちの使命です。
当社の扱うお米は新潟県全域の農家と契約し、自社で集荷・検査・精米して出荷しています。
さらに栽培履歴も明確で、安心しておすすめできるお米を厳選して出荷いたします。

五ツ星お米マイスター・三ツ星お米マイスター在籍

お米マイスターとは、いわばお米の博士号。お米のことを知り尽くし、お米に関する専門知識の経験を持つ者だけが受験できる制度です、五ツ星マイスターは、最高ランクの資格者。新潟農商では五ツ星マイスターが目利きしたお米のみを提供しています。


【本社精米工場がISO22000認証を取得】
衛生面を含め、消費者へ安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。

お米のおいしい炊き方|お米の保存方法

【お米の炊き方】

⓵炊飯する量のお米を計量して、ボウルに入れ、水を注水し、10~15回ほど良く撹拌させ、水を捨てます。また、水を注水し、きれいになるまで3~4回繰り返します。

②夏場は30分、冬場は1時間浸水します。
浸水が終わったら水を新たに計量していれます。
(1カップ米:1カップ水)

③炊き上がった後フタを空けずに10分~15分蒸らしてから召し上がり下さい。


【お米の保存方法】
お米の鮮度を保つためには、密封容器に保存するのが一番です。
お米の減り具合が見えるのがおすすめです。保存場所は風通しのよい冷暗所を選び、放熱する冷蔵庫や電子レンジ周辺などは避けましょう。

新潟米のある生活を~

新潟県内には個性豊かなお米がたくさんあります。
産地、品種によってもその魅力はさまざま。
私たちが自信を持っておすすめします!さまざまな人たちたちの努力や天地の恵みによって、この一粒一粒が少しずつ形を変えて、皆さんの食卓に上がります。
新潟農商は米づくりに関わるすべての人たちの「愛情」がぎっしり詰まった新潟米を今日も日本全国に発信しています。

ただいま出品中の商品!

0
¥0
ページトップへ